おいしい健康
筑波大学附属病院監修

糖尿病患者さんのための
1週間あんしん献立

1週間あんしん献立は、筑波大学附属病院監修のもと、糖尿病患者さん向けの1週間分の夕食を提案するものです。
1日のエネルギー摂取量が1600kcalの方に合わせた献立を月替りでお届けします。


4月新生活の春に 簡単献立

土曜日

甘酸っぱいかじきが食欲をそそる中華献立

かじきの甘酢照り焼き・豆苗としめじの海苔ナムル・かぶと桜えびの中華スープ・麦ごはん(押麦3割)

買い物 DAY

日曜日

ハーブレモン焼きがメインの洋風献立

鶏肉と野菜のハーブレモン焼き・アスパラガスのポタージュ・フランスパン・りんご

月曜日

食べ応え十分 回鍋肉がメインの中華献立

少ない調味料でできる 簡単回鍋肉・にんじんの青海苔サラダ・きくらげの中華風マリネ・麦ごはん(押麦3割)・キウイフルーツ

火曜日

旬の食材を楽しむ かぶの煮物の和風献立

厚揚げとかぶのそぼろあんかけ・新玉ねぎとツナのさっぱりぽん酢・そら豆のグリル・麦ごはん(押麦3割)

水曜日

カット野菜で簡単 かつおのカルパッチョ献立

カット野菜で簡単 かつおのカルパッチョ・ハーブ香るれんこんの洋風ソテー・玉ねぎときのこのトマトスープ・麦ごはん(押麦3割)

買い物 DAY

木曜日

みそしょうが焼きがメインの簡単献立

豚肉のみそしょうが焼き・トマトと新玉ねぎのサラダ・焼きねぎとわかめのおすまし・麦ごはん(押麦3割)

金曜日

春らしい色合いのリゾットがメインの献立

アスパラガスと生ハムの押麦リゾット・卵とかぶとブロッコリーのマスタードサラダ・いちご


「糖尿病患者さんのための1週間あんしん献立」は、筑波大学附属病院とおいしい健康が共同開発した夕食を想定した献立です。
献立を作成するにあたり、以下の条件を設けています。


※一週間平均で一食あたり

  • エネルギー:500 〜 600 kcal
  • 食塩相当量:2.5 g以下
  • 食物繊維:7 g以上
  • PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物の比率)
  • たんぱく質:15-20 %
  • 脂質:20-25 %
  • 炭水化物:50-60 %
  • コレステロール:100 mg前後

基準作成:矢作直也 医師

筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科