おいしい健康
筑波大学附属病院監修

糖尿病患者さんのための
1週間あんしん献立

1週間あんしん献立は、筑波大学附属病院監修のもと、糖尿病患者さん向けの1週間分の夕食を提案するものです。
1日のエネルギー摂取量が1600kcalの方に合わせた献立を月替りでお届けします。


6月1週間で旬の食材使い切り献立

土曜日

食欲をそそる ガーリック炒め献立

鶏むね肉と夏野菜のガーリック炒め・セロリのサラダ・きのことしょうがのコンソメスープ・麦ごはん(押麦3割・150g)

買い物 DAY

日曜日

揚げたては格別 手作りがんもの和風献立

豆腐とツナの手作りがんも・オクラのゆずこしょう煮浸し・切り干し大根のハリハリあえ・麦ご飯(押麦3割・150g)

月曜日

彩り豊かな冷やし中華がメインの献立

具沢山冷やし中華・カリッと かぼちゃの揚げ焼き

火曜日

ご飯が進む ピリ辛みそ炒め定食

なすのピリ辛みそ炒め・やみつき ねぎサラダ・ふんわり卵ときくらげの中華スープ ・麦ごはん(押麦3割・150g)

水曜日

旬食材を楽しめる和食献立

かつおのたたき 香味だれ・なすの揚げ浸し・にんじんとセロリの塩炒め・麦ごはん(押麦3割・150g)

買い物 DAY

木曜日

2品でも大満足 夏野菜のキーマカレー献立

野菜が摂れる 具沢山キーマカレー・パプリカのピクルス

金曜日

さば缶で簡単 冷汁献立

さば缶で簡単冷汁・かぼちゃのきんぴら・きのこのぽん酢蒸し・麦ごはん(押麦3割・150g)


「糖尿病患者さんのための1週間あんしん献立」は、筑波大学附属病院とおいしい健康が共同開発した夕食を想定した献立です。
献立を作成するにあたり、以下の条件を設けています。


※一週間平均で一食あたり

  • エネルギー:500 〜 600 kcal
  • 食塩相当量:2.5 g以下
  • 食物繊維:7 g以上
  • PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物の比率)
  • たんぱく質:15-20 %
  • 脂質:20-25 %
  • 炭水化物:50-60 %
  • コレステロール:100 mg前後

基準作成:矢作直也 医師

筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科