おいしい健康
筑波大学附属病院監修

糖尿病患者さんのための
1週間あんしん献立

1週間あんしん献立は、筑波大学附属病院監修のもと、糖尿病患者さん向けの1週間分の夕食を提案するものです。
1日のエネルギー摂取量が1600kcalの方に合わせた献立を月替りでお届けします。


3月季節の変わり目に ビタミンを補う献立

土曜日

ビタミンEを補う グリーンカレー風献立

アーモンドミルクで作るグリーンカレー風・ヤムウンセン風 春雨サラダ・ご飯(150g)

買い物 DAY

日曜日

葉酸を補う 菜の花と牛肉の炒め物献立

菜の花と牛肉のオイスターソース炒め・にんじんときくらげの中華風しらあえ・大根と桜えびの中華スープ・ご飯(150g)

月曜日

ビタミンAを補う さば缶と人参が主役の献立

さば缶とにんじんのケチャップチーズ焼き・ブロッコリーとナッツのヨーグルトサラダ・しめじのコーンクリームスープ・麦ご飯(押麦3割・150g)

火曜日

ビタミンB1を補う 長ねぎの豚肉巻き献立

長ねぎの豚肉巻き・めんつゆで簡単 大根の生姜あんかけ・豆苗の梅干しあえ・ご飯(150g)

水曜日

ビタミンDを補う 鮭とまいたけが主役の献立

鮭とまいたけのマヨマスタード炒め・レンジで簡単 かぶのトマト煮・グリーンリーフときゅうりのサラダ・ご飯(150g)

買い物 DAY

木曜日

ビタミンB2を補う 納豆チャーハン献立

納豆と豆苗のチャーハン・カット野菜でちゃんぽんスープ・キウイフルーツ(80g)

金曜日

ビタミンCを補う フライパン蒸しの献立

鶏肉とブロッコリーのフライパン蒸し・水菜とちくわのさっぱりあえ・葉までまるごと かぶのみそ汁・ご飯(150g)


「糖尿病患者さんのための1週間あんしん献立」は、筑波大学附属病院とおいしい健康が共同開発した夕食を想定した献立です。
献立を作成するにあたり、以下の条件を設けています。


※一週間平均で一食あたり

  • エネルギー:500 〜 600 kcal
  • 食塩相当量:2.5 g以下
  • 食物繊維:7 g以上
  • PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物の比率)
  • たんぱく質:15-20 %
  • 脂質:20-25 %
  • 炭水化物:50-60 %
  • コレステロール:100 mg前後

基準作成:矢作直也 医師

筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科