おいしい健康
筑波大学附属病院監修

糖尿病患者さんのための
1週間あんしん献立

1週間あんしん献立は、筑波大学附属病院監修のもと、糖尿病患者さん向けの1週間分の夕食を提案するものです。
1日のエネルギー摂取量が1600kcalの方に合わせた献立を月替りでお届けします。


5月新緑の季節に 春を食べる献立

土曜日

旬食材をふんだんに使った春の和食献立

そら豆ご飯・いか大根・たけのこの山椒焼き・アスパラガスの白あえ

買い物 DAY

日曜日

春の香りと甘味を楽しむ ポークソテー献立

ハニーマスタードポークソテー・新玉ねぎとセロリのマリネ・春キャベツときのこのコンソメスープ・麦ごはん(押麦3割)

月曜日

ご飯がすすむ 中華風卵とじ献立

中華風 豆腐とにらの卵とじ・トマトの中華マリネ・カリッとごぼうの唐揚げ風・麦ごはん(押麦3割)

火曜日

簡単なのに華やか エスニック献立

春キャベツとひき肉のエスニック炒め・にんじんとパクチーのサラダ・桜えびとセロリのスープ・麦ごはん(押麦3割)

水曜日

香りと食感を楽しむ あじの漬け丼献立

薬味たっぷり あじの漬け丼・切り干し大根ときゅうりの梅あえ・たけのことにんじんのみそ汁・りんご

買い物 DAY

木曜日

うま辛味が食欲をそそるユッケジャン献立

ユッケジャンスープ・チョレギサラダ・麦ごはん(押麦3割)

金曜日

パスタが主役 忙しい日のスピード献立

しらすと春キャベツの和風クリームパスタ・ミックスビーンズのサラダ・オレンジ


「糖尿病患者さんのための1週間あんしん献立」は、筑波大学附属病院とおいしい健康が共同開発した夕食を想定した献立です。
献立を作成するにあたり、以下の条件を設けています。


※一週間平均で一食あたり

  • エネルギー:500 〜 600 kcal
  • 食塩相当量:2.5 g以下
  • 食物繊維:7 g以上
  • PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物の比率)
  • たんぱく質:15-20 %
  • 脂質:20-25 %
  • 炭水化物:50-60 %
  • コレステロール:100 mg前後

基準作成:矢作直也 医師

筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科