06

2021.5.19 更新

カロリーは体重増加で調節

東京医科歯科大学消化器内科 潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター センター長

長堀正和先生

潰瘍性大腸炎は個人差が大きい病気です。体調によっても左右されるため、管理栄養士とよく相談してみましょう。

自分に必要なエネルギー量を摂りましょう

活動期には炎症によりエネルギー消費量が増えるため、一般的に潰瘍性大腸炎患者さんの食事では高カロリーであることが推奨されてきました。
しかし、活動期にあって運動量が減っている場合は、必ずしも高カロリーでなくていい、という考え方になってきています。
個人差が大きい病気ですので、管理栄養士とよく相談することが大切です。

適正な体重を維持することが大切

エネルギー量が足りているかどうかは、体重変動が重要な指標になります。摂取するエネルギー量が多ければ体重は増え、消費量が多ければ体重は減少します。

「04 寛解を維持するための食事」では、食事記録をつけることをおすすめしました。毎日の食事記録と同時に、体重も計測し記録しましょう。

標準的な体重、または体調が安定しているときの体重を基準として、体重変動がないことが目安になります。

<参考>『炎症性腸疾患患者さんの食事についてQ&A』難治性炎症性腸管障害に関する調査研究(鈴木班)

取材・文/おいしい健康編集部

東京医科歯科大学消化器内科
潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター センター長
長堀正和先生

東京医科歯科大学卒業。米国マサチューセッツ総合病院などを経て、2020年4月より現職。専門は、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群。炎症性腸疾患の発症に関する疫学研究がテーマ。厚生労働省科学研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班のメンバーでもある。

東京医科歯科大学消化器内科 潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター センター長 長堀正和先生

医師の指導のもと栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従ってください。