在宅医療 佐々木淳医師在宅医療 佐々木淳医師

自分の価値を見つけ、周りがそれを支える。人とのつながりを保つ。それを支えるのが在宅医療です

医療法人社団悠翔会
理事長・診療部長
佐々木淳医師

1973年、京都府京都市生まれ。1998年に筑波大学医学専門学群卒表
後、三井記念病院・消化器内科、東京大学医学部付属消化器内科を
経て、2006年に在宅療養支援診療所「MRCビルクリニック」を開設。
理事長に就任する。2008年に同クリニックを悠翔会に改名した。現
在都内近県に合わせて15拠点を構え、総患者数は約5000人。「たと
え病気や障害があっても、残された時間が長くなくても、日々の生
活を楽しみ、最期まで自分の人生の主人公としていきられる。そん
な医療実現したい」という思いから、在宅医療に力を注いでいる。