おいしい健康
筑波大学附属病院監修

糖尿病患者さんのための
1週間あんしん献立

1週間あんしん献立は、筑波大学附属病院監修のもと、糖尿病患者さん向けの1週間分の夕食を提案するものです。
1日のエネルギー摂取量が1600kcalの方に合わせた献立を月替りでお届けします。


11月ほっこり楽しむ 秋の味覚献立

土曜日

旬食材が詰まった炊き込みご飯が主役の献立

フライパンで さんまの炊き込みご飯・ブロッコリーの山椒あえ・具沢山のけんちん汁

買い物 DAY

日曜日

食感の良いミートボール煮込みが主役の献立

ミートボールのトマト煮・マッシュルームのパン粉焼き・グリーンリーフのノンオイルサラダ・麦ご飯(押麦3割・150g)

月曜日

具沢山のアツアツあんがのった焼きそば献立

海鮮あんかけ焼きそば・厚揚げと三つ葉のピリ辛あえ・梨(100g)

火曜日

ほっこり甘い さつまいもと鶏肉の旨煮献立

さつまいもと鶏肉の旨煮・グリーンリーフのお浸し・切り干し大根のごまみそ汁・麦ご飯(押麦3割・150g)

水曜日

うま味が詰まった 純豆腐チゲ献立

食べ応え満点 純豆腐チゲ・れんこんのごま酢あえ・麦ご飯(押麦3割・150g)

買い物 DAY

木曜日

旬のきのこたっぷり ポークチャップ献立

きのこたっぷり ポークチャップ・焼きパプリカとオレンジのマリネ・麦ご飯(押麦3割・150g)

金曜日

切り干し大根たっぷり 台湾風卵焼き献立

台湾風 切り干し大根の卵焼き・にんじんとわかめの酢の物・ささ身と里いものスープ・麦ご飯(押麦3割・150g)


「糖尿病患者さんのための1週間あんしん献立」は、筑波大学附属病院とおいしい健康が共同開発した夕食を想定した献立です。
献立を作成するにあたり、以下の条件を設けています。


※一週間平均で一食あたり

  • エネルギー:500 〜 600 kcal
  • 食塩相当量:2.5 g以下
  • 食物繊維:7 g以上
  • PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物の比率)
  • たんぱく質:15-20 %
  • 脂質:20-25 %
  • 炭水化物:50-60 %
  • コレステロール:100 mg前後

基準作成:矢作直也 医師

筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科